SALLiA オフィシャルサイト
仏像オタクニスト
仏像オタクニスト

仏像オタクニストとは?

オタクニストとは、オタクの中のスペシャリストという意味の造語。「仏像オタクニスト」は、仏像や仏教の「生きるためのツール」として魅力的に伝えるという意図が込められている。

幼少期よりいじめ、不登校、家庭内の不和など、様々な生きる苦しみを感じながら成長し、20歳で 「仏像」と出会う。そこからずっと感じていた「どんなに過酷な状況でも穏やかに、幸せに生きる方法」 を本格的に模索し始める。

そしてUSEN1位獲得の翌年、足の事故に遭うという人生最大の危機が訪れる。しかしその人生最大の苦しみがきっかけとなり、「穏やかに、幸せに生きるためのヒント」を見つけ、「音楽以外でも人の役に立ちたい」とその活動を始めることを決意し、2018年4月「仏像オタクニスト SALLiA」が生まれた。

SALLiA初著「生きるのが苦しいなら~仏像と生きた3285日~」

著者が自分の人生で経験した数々の苦しみを通して得たヒント、そして仏像から学んだよりよく生きるためのヒントが詰まっている。

自己啓発的な側面もあり、自叙伝としてのストーリ的な読み応えもあ る。いじめ、親子の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせており、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。

「仏像」や「仏教」に対しての、日本人のまだ知らない日本を知ってもらうことに一役買うことのできる内容にもなっている。

生きるのが苦しいなら (~仏像と生きた3285日~)出版社: キラジェンヌ出版
判型、ページ数: 四六判、180ページ、¥1,300(税別)
※購入者ダウンロード特典として「仏像コラム&実録日記の中身」あり

●Amazonでの販売ページはこちらをクリック!

実績

・紀伊國屋 全国週間ランキング3位。(12/10~16の週)
・新宿本店、西武渋谷店、厚別店、国分寺店、横浜みなとみらい店、アミュプラザ おおいた店1位。(和書部門)
・梅田本店1位。(人文部門)
・Amazon「彫刻・工芸」(第2カテゴリー)8 位。
・ダ・ヴィンチニュース記事ランキング 3日連続1位。

仕事履歴

・五百羅漢寺 節分会 特別御年役
・ちちぶマガジン 第1号「仏像オタクニストSALLiAと行く、秩父の神仏パワースポット巡り」取材&記事担当
・セレンディップトラベル 11/29発売号 「仏像に恋して、旅して」コラム寄稿
・veggy vol.62 「命の実感」コラム寄稿

仏像オタクニストとしての活動内容

・本やコラムなどの執筆活動。
・お寺や会館などでの講演会や、トークイベント。(例:僧侶の方との対談形式、一人での講演会形式、アーティストSALLiAとしてのライブ依頼も可)
・テレビや、ラジオなどを始めとする各メディアへの出演。

仕事詳細

歌手、音楽家、音楽プロデューサーとして

・作詞、作曲、編曲、ミックス、マスタリングなどの楽曲提供。(このうちどれか一つからでもご依頼をお受け致します)
・音楽プロデューサーとしての総合楽曲プロデュース。
・歌って作って踊るアーティストとして、のイベント、フェスなどへの出演。
・テレビや、ラジオなどを始めとする各メディアへの出演。

仏像オタクニストとして

・本やコラムなどの執筆活動。
・お寺や会館などでの講演会や、トークイベント。(例:僧侶の方との対談形式、一人での講演会形式、アーティストSALLiAとしてのライブ依頼も可)
・テレビや、ラジオなどを始めとする各メディアへの出演。


作詞・作曲・楽曲提供などのプロデュース業務および出演・執筆等のご依頼について

 

SALLiAによる作詞・作曲・楽曲提供などのプロデュース業務や、仏像オタクニストとしての出演・執筆等のご依頼・お問い合わせは、メールフォームより承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お仕事のご依頼はこちら
お仕事のご依頼はこちら

 

ページトップへ戻る