SALLiA オフィシャルサイト
BIOGRAPHY
BIOGRAPHY

SALLiA(畑田紗李)

 


SALLiAプロフィール

出身地

大分県別府市

学 歴

青山学院女子短期大学 国文学科卒業

趣 味

アニメ、ゲーム、仏像

特 技

本を読むのが速いこと、タイピング速打ち、卓球のスマッシュ、配布のポケットティッシュで暮らせること

好きなもの

仏教経典、ジョジョ、古典文学、料理

資 格

仏教検定一級、マインドフルネススペシャリスト、 マインドフルネスカウンセラー、漢検二級、硬筆毛筆四段、珠算二級


歌手・音楽家として

・「イデア」USEN1位、4週連続トップ10入り
・「A-music」パワープレイ決定
・元アテネ五輪 競泳日本代表 森隆弘選手 テーマソング提供
・「お坊さん」PV プロデュース&企画


仏像オタクニストとして

・初著「生きるのが苦しいなら」紀伊國屋総合ランキング3位
・ダヴィンチニュース 記事ランキング3日連続1位
・豊川稲荷東京別院「仏と寺子屋会」講師、hasunohaコラム連載
・仏教婦人連盟、仏教情報センター主催 講演会講師


ライターとして

・日刊ゲンダイ コラム 「SALLiAのトレンドなるままに」 執筆中


BIOGRAPHY

2012年

・TOKYO MX「サンデーブレイク」エンディングテーマに「アクアマリン」起用。
・TOKYO MX「みんなのバラエティ」のエンディングテーマ、挿入歌を全て担当し、番組にも出演。
・スキマスイッチの「奏(かなで)」を正式に許可をもらい、自身で編曲とプロデュースの元、配信リリース。

2014年

・スターダストピクチャーズ制作の映画「眼-まなこ-」の主題歌に「my sweet boy」が起用。
・全国各地のメディア出演、ショッピングモールでのライブ活動を開始。

2015年

・2ndシングル「ハニー*ハニー/君は僕のもの」がそれぞれ「A-music」(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、ラジオ関西、KBS京都)、radio3(FM三重)のパワープレイに決定。
・全国のフリースクールで、講話とライブのボランティア活動を開始。
・NHKラジオ「人権の日」特別企画として、「フリースクールでのボランティア活動」が特集される。

2016年

・FM FUJI「畑田紗李・カレイドスコープRADIO」がスタート。
・1stアルバム「人間宣言。」リード曲「イデア」が全国31曲ネット「MUSIC B.B.」のエンディングテーマに起用。ファミマ店内放送、街頭ビジョン放映、音楽雑誌掲載、各地のラジオ局でのパワープレイも獲得。
・「イデア」が全国UEN週間インディーズランキングで1位を獲得し、その後4週連続トップ10入りも果たす。

2017年

・足の事故をきっかけに「仏像オタクニスト」としての活動を決意。

2018年

・「畑田紗李」から「SALLiA(サリア)」に改名。
・初著「生きるのが苦しいなら~仏像と生きた3285日~」を出版。紀伊国屋総合ランキング3位を獲得。

 

ニコニコチャンネル「みんなのバラエティ」内で「畑田紗李のヲタ充」という番組を開始。

2019年

・ダヴィンチニュースにて3日連続記事ランキング1位を獲得。
・日本最大の寺社フェス「向源」や、比叡山延暦寺「坂本夏祭り」にてゲストライブを行う。
・FM 大阪「五十嵐はるみのソー・ナイス」のサブパーソナリティに決定。
・2冊目の著書「アラサー女子、悟りのススメ」出版。

2020年

・日刊ゲンダイなどでライターとして活動開始。記事ランキングで同日に1位2位を獲得。
・配信シングル「アルデバラン」「神様、仏様」Face to」配信リリース。
・企画発案し、プロデュースした「お坊さんPV」を発表。各仏教メディアに取り上げられる。
・初となる無観客配信ライブ「前略、神様仏様。」開催。

2021年

・日本の伝統文化集団「Wabi-Sabi Art JAPAN」を立ち上げ、代表を務める。
・故郷である大分、そして九州でもタレント活動を開始。


 

畑田紗李の講話&ライブ ~フリースクールでの活動について~

畑田紗李の講話&ライブ

私は人生で2度、不登校になりました。

小学生の頃に受けた「いじめ」、家庭内での不和、親子の関係性、学校の先生の精神的圧力など、様々なことが原因となった1度目の不登校。中学2年生の時でした。

2度目の不登校は、高校1年生の時。進学校の中で、勉強を強いられる環境、いい成績をとり、いい大学へ行くことを強いる学校の体制に「生きる目的」を失いかけ、体を壊し、不登校になりました。

学校の教師にはもちろん、仲の良かった友達にも理解してもらえず、絶望のまま学校を辞め、それでも翌年、別の高校にもう一度入学し直すことを選択しました。

そして絶望の淵で、私を救い上げてくれたのが「音楽」でした。音楽の力を実感した私は、そこから音楽の道に進むことを決めます。

畑田紗李の講話&ライブそんな私が歌手として、活動を始めた当初から立てていた目標がありました。

「私と同じ経験を持つ、不登校や引きこもりの子供達のために何かしたい」

その想いが、形となったのが2015年11月から始まった「全国のフリースクールで講話&ライブをして廻る」という活動です。

この活動には2つの大きな目的があります。

一つ目は、「同じ経験しているお子さん、そして保護者の方の力に少しでもなれるように」。

二つ目は、「不登校、フリースクールというものに対し、マイナスイメージを持っている人に、正しい認識、興味を持ってもらうこと」です。

この活動は、まだまだ始めたばかりではありますが、生徒さんたちの反響だけでなく、元不登校児だった私にとっても、実りある充実した活動です。今後とも、1校でも多く廻り、この活動を精一杯続けていきたいと思っております。

畑田紗李

講和&ライブのインフォメーション

2015年12月10日(木)AM7:40〜放送のNHKラジオ第一(九州沖縄地域)「おはよう九州沖縄」にて畑田紗李のインタビュー企画が放送されました。

この番組は12月10日・人権の日の企画で、主に不登校をテーマに、聞いてくださっているどんな方にも、希望が持てたり、自分の人生を生きるとはどういうことなのか、というヒントになれば、という想いで、畑田紗李がお話をさせて頂きました。

また、畑田紗李の「あなたのような」という楽曲も放送されました。

【今までに講話&ライブをさせていただいた学校様】

第一学院高校学校 四ツ谷校様、興学社高等学院 松戸校様、きらら国際高等学院様、さがみはらフリースクール連絡協議会様、ハートフルウェーブ様、松実高等学園 駅前校様、東京シューレ 王子校様、フリフリフェスタ、第一学院高等学校 甲府校、名古屋校、宇都宮校、千葉校


作詞・作曲・楽曲提供などのプロデュース業務について

世界でたった一つのオリジナルソングをお作りします!!!企業・団体・個人の方、オリジナル曲で、世の中にアピールしてみませんか?!

ご要望次第でどんな楽曲もお作りします。用途は、お客様の活用目的や、使用したい場面に応じて、ご利用いただけます。

例えば・・・
●アニメ・ゲーム制作会社だけど、今度新しいアニメやゲームをつくるにあたって、テーマソングやオープニング、エンディング、挿入歌などのイメージ曲を探している。
●CM・ドラマ・映画製作会社だけど、今度新しい作品や番組をつくるにあたって、テーマソングやオープニング、エンディング、挿入歌などイメージ曲を探している。

「こんな曲ない?」「こんな曲にしてほしいんだけど…。」など、何でもご希望をお伝えいただければ、十分な打ち合わせの元、イメージや仕上がりをお聞きしておつくり致します。どうぞご気軽に、お問い合わせください。

詳細は所属事務所、株式会社ライトワンネスオフィスの公式サイトにてご覧いただけます。

●プロデュース業務のメニューはこちら(所属事務所ライトワンネスオフィス内のページ)

●プロデュース業務の流れはこちら(所属事務所ライトワンネスオフィス内のページ)

●プロデュース業務のFAQはこちら(所属事務所ライトワンネスオフィス内のページ)

SALLiAによる作詞・作曲・楽曲提供などのプロデュース業務や、仏像オタクニストとしての出演・執筆等のご依頼・お問い合わせは、メールフォームより承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お仕事のご依頼はこちら
お仕事のご依頼はこちら

 

ページトップへ戻る